ゾルカジ_【挑戦】哀れで可哀想な大魔王〜魔法少女と人心を惑わす黒霧〜

ゾルカジ

不透明度50%でもジョシュの存在感が大きい。。

文字を読むのが面倒くさい人は動画を参照してください。

ステージ概要

ステージ概要
制限時間はなしでチョーカーを倒すとステージクリアです。チョーカーは一定HP割合毎にレベルアップし、増援を呼びます。ジョシュはステージ開始時から登場し、12チャージの奥義を連発しHP回復&ダメージ免疫シールドを貼ります。ジョシュを倒すことはできません。

攻撃方法は近接攻撃、間接攻撃、奥義「欲望の溝」(40チャージ)を使用してきます。

初期ステータス
スタート時のステータスです。腕力・知力、物理・魔法防御、状態異常は全て均等です。足がないため、凍結不可、これが地味に厄介。

一定HP量毎による形態変化

  • スタート:Lv40
  • 残りHP2万:Lv90、雑魚2体
  • 残りHP1万:Lv100、雑魚4体

増援を呼ぶ際、チョーカーはステルス状態になり1ターン攻撃ができなくなります。

最終ステータス
最終ステータスです。防御はかなり低めですね。奥義の詠唱が4ティックに変更されている事だけ注意。

攻撃方法

近接、間接攻撃共に追加で固定ダメージが入るのがとても厄介です。攻撃対象の選択条件がいまいち理解できていません。ワンパンできる瀕死のキャラクターが最優先なのは間違いないですが、それ以外は最後に攻撃したキャラクター、もしくはヘイト値のような設定があるのかも。

近接攻撃

近接攻撃
SP4消費、物理ダメージ&固定ダメージ。

間接攻撃

間接攻撃
SP6消費、魔法ダメージ&固定ダメージ。

奥義「欲望の溝」

欲望の溝

欲望の溝
チャージ 詠唱
40 5(Lv100時は4)
基本攻撃 知力補正 範囲 距離
単体 自身
その他
詠唱開始時に指定範囲中心に敵を引き寄せ、対象HPの99%相当のダメージを1回与える。

範囲が相当広いので意識しないと回避は厳しい。引き寄せは柱の後ろに居れば防げますが、そんな余裕は多分ない。

雑魚・増援

ステージ開始時、残HP2万、1万のタイミングは確定で増援が来ます。それ以外でも増援を呼ぶのですが、どんな条件で呼ぶのか不明です。。

【ジョシュ】
自爆して味方のHPを回復して退場する1発ネタお兄さんが、まさかの不死身のラスボスに昇格。範囲内の挑発が面倒、12チャージと短い奥義を連発し、味方HP3000回復&ダメージ免疫貼るのが面倒、死なないのが面倒……ああ、面倒〜!!

幽夢の戦士長
【幽夢の戦士長】
ステージ開始時のみ登場。範囲内に違う武器種の味方がいる時、自身にダメージ免疫シールドを貼る。ノックバックなどで他の敵と離さないと無敵なのが厄介。増援で出てこない辺り、運営さんにも良心が残っていたらしい。

幽夢の青戦士
【幽夢の青戦士】
ワンド。範囲内に味方がいる時、知力、行動値の回復速度が増加。通常攻撃は詠唱ですが、奥義が移動力低下付きの即時発動範囲魔法なので、残すと地味に面倒。

幽夢の黄戦士
【幽夢の黄戦士】
弓使い。範囲内に味方がいる時、腕力増加。範囲外から攻撃を受けるとカウンター攻撃。奥義が奥義チャージ10減少させるので、残すと地味に面倒。

幽夢の赤戦士
【幽夢の赤戦士】
片手剣。範囲内に味方がいる時、物理防御増加。奥義は行動値−5減少の物理攻撃なので、残すと地味に面倒。

幽夢の緑戦士
【幽夢の緑戦士】
魔導書。範囲内に味方がいる時、魔法防御増加。奥義は物理・魔法防御増加の範囲回復。通常攻撃はしょぼい範囲魔法なので、残すならこいつですかね。癒やし枠、運営の良心。

今回のイベントテーマは魔法少女と戦隊物なんでしょうね。ピンクが居ないけど、剣ドロシーがその枠なのかも?

攻略ポイント

  • ボスのチョーカー自身の耐久力は低い。頻繁に移動するため詠唱が当てにくいので、メインアタッカーは弓使いがおすすめ。
  • チョーカーを倒せば終わりなので、回復して耐えることより、強力な単体攻撃アタッカーで短期で倒すことを重視したほうがいいと思います。
  • ジョシュの回復のせいでステージが長引くので、できれば雑魚1体残してそちらに回復を撃たせるとよい。
  • 奥義の引き寄せは柱の後ろに隠れることで回避可能。
  • 奥義は回避する場合はステージ下まで移動。食らう場合はHPを満タンにしておくか、シールドを貼る。
  • 今回のボスは相当難しいので、時間がない人は無理せずコンテニューしたほうがいいと思います。

私の使用パーティー

使用パーティー
ケイラを入れる余裕がなかったので、ガチパーティー。アイリーンの奥義でチョーカーの奥義後ダメージを全快させるのが狙いです。

久々にアイリーンを使いましたが、今まで回復が重視される場面がなかっただけで、HP回復だけなら他の魔導書より頭一つ抜けてますね。移動力の低さはなんとかしてほしいけどね。

片手剣
【片手剣】
ノックバックは最初の戦士長から敵を離すためだけに入れています。

弓使い
【弓使い】
通常の弓使いセットってところですね。低コストが多くやはり弓使いは強い。

魔導書
【魔導書】
アイリーンは知力1100あるので、他の魔導書より500くらい回復に差が出ます。ひよこ回復書初めて使いました。

剣ドロシー
【片手剣(?)】
メイン盾になれず、アタッカーとしても微妙……器用貧乏感は否めないけど、サブ盾、アタッカーとしての汎用性はとても高いですね。

動画

文字ではなかなか伝わりにくいと思いますので、動画を用意しました。20回くらい撮り直しました。。

動画編集してて思いましたがチョーカー自体の耐久は低いので、アシュリー2人入れれば楽に倒せるかもしれない。

イベントを終えて

ラストステージはとても難易度高かった。ランキング戦面白いけど、スコアアタック以外の高難易度ステージやりたいという私の願いに100%応えてくれました。

ストーリーも暴走気味なキャラ同士の掛け合いが楽しく、キャラクター設定はかなり細かく作ってそうですね。
剣ドロシーとケイラ
ホームで剣ドロシーとケイラの専用会話もちゃんとありました。惜しむらくはグミとマロのアクセサリーがなかったことですね。クリスマスの時みたいにお得パックあれば、みんな買ったと思います。

チョーカーを初めて見た時からずっと既視感あったのですが、
Murmur
WoWのMurmurですね。最終ステージで奥義時に台座に戻った時、ようやく思い出せてスッキリ。ゾルカジもPCでできたらなーと思いますね。BlueStacksでやれないことはないけど。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。