Grimrock1_Level 2~In my Dream~

Grimrock
ストーリー

なし崩し的にパーティーを組むことになった4人。
国家犯罪者同士、息が合うかというと
インセス『三叉路ですね、どちらに進みましょう?』
セシリー『迷った時は左って偉い人が言ってた』
ミノット『男は黙ってまっすぐだ』
リーズ『ここは敢えて右に行くべきね』
インセス『……えー、ではコイントスで決めるということで』
やっぱりバラバラだったー。
休息時の見張りの順番でまたも揉めつつ、コイントスに勝利したセシリーはさっさと寝てしまった。
夢の中で誰かが呼びかけてくる
???『地下深くまで来るのです、そこで私はお待ちしていますよ』
セシリー『え、頂上目指して登るんじゃないの?』
???『いやいや、階段降りたでしょ? どう考えても下に向かっているでしょ?』
セシリー『いや、きっとそう思わせて実は登っている可能性が』
???『ないです、ないない。いいから地下に来てくださいね!』
セシリー『ほ~い』
果たして夢で呼びかける声、そして時折起きる地震は何なのか? 4人の冒険は続く。

だらだら感想

Lvが上がり4ポイントもらったのでさっそく魔法系統(Air、Earth、Fire、Ice)に割り振り
grimrock1_07.png
初魔法『ポイズンクラウド』発動! タクティクスオウガで凶悪な効果でバランスを壊すあの子です! ダンジョンRPG的にもお馴染みですね。しかし……効果は一定時間その場所に毒のガスを発生させるというものでヒットアンドアウェイと相性が悪い。。
よろしいならば
grimrock1_08.png
鉄格子の向こう側へと思ったら、そういう使い方はできないみたい(ノ∀`)アチャー
スキルポイントは4ポイント/1レベルと一定で総ポイント数が限られていそうなので、バランスよく4つの系統を上げるよりは二人で2つずつに分けたほうがいいかなと、セシリーはAir & Earth、インセスはFire & Iceにすることにしました。今のところFire & Iceの使い勝手がよく、Airに至っては未だにScroll 0個だったりします(´Д⊂グスン
魔法詠唱はルーン文字を組み合わせて発動。
イメージ的には指で空中に文字を描く感じでしょうか+(0゚・∀・) + ワクテカ +
(現実で言うとサイリウムでネオンサインを描く感じ?)
ショートカットに登録とかはできないので毎回ルーン文字を選択し、組み合わせを覚えてきっちり発動させる必要があります。ピンチの時も慌てず冷静沈着さが求められますね。まさに本来の魔法使いと言った感じですごくいい!
grimrock1_09.png
装備や食べ物以外にも純粋なお宝もあるんですね~。
そして
grimrock1_10.png
Alchemy的なScrollを手に入れてHealing Potionが作れるように!
装備も充実してきて操作にも慣れてさらにHealing Potionまで手に入って怖いものなしだぜー
grimrock1_11.png
はい、調子に乗ると死にますね(´・ω・`)
Level2(地下2階?)をクリアして更に地下へと向かいます。

おまけ動画

自由度が高いというのはこういうことだよね( ´∀`)bグッ!

ヤバい、超面白いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。