Alan Wake~そう、それがナイトスプリングス~

alan03.png
Alan WakeがXBLAで帰ってきましたー( ゚∀゚)o彡°
正式名称は『Alan Wake’s American Nightmare』1200MSPでローカライズは日本語字幕のみで残念ながら吹き替えはなし(´・ω・`)
本編とストーリーの繋がりがあるのかないのかいまいち分からないけど、劇中で出てきた不思議なTV番組『ナイトスプリングス』の脚本をアラン自身が書いたという設定で、アランの闇の人格が独立した『Mr.スクラッチ』さんとのキャッキャウフフなお話のようですヽ(´ー`)ノ
本編同様、アランが書いた原稿には現実を書き換える力があり、落ちている原稿にそってストーリーは進んでいきます。(詳しく書くと、妄想も細かいディティールを描くことで説得力を持たせれば現実を書き換えることができるとか何とか)
alan04.png
さて、今回のライバルというか敵というか主役(?)のMr.スクラッチさんはなかなかいいキャラで、言うなればアランにできないことを平然とやってのける、そこにしびれる憧れるーなヒャッハーなお方ですヽ(´ー`)ノ
光と闇のモチーフはそのままに懐中電灯などの光を当て、敵のバリアーを剥がし銃などで攻撃のスタイルも健在。なんか癖になるんですよねこの操作感。
alan07.png
驚いたのがサブマシンガンやネイルガンといった武器が登場したこと。ゲーム性は爽快感が増していいんだけど、Alan Wakeは何よりその世界観が魅力なのでそういった面ではどうなんだろう(´ε`;)ウーン… アランにはやっぱりかっこいいけど、冴えない中年のオッサンで居てほしい。
でも、それ以上に驚いたのが
alan05.png
まともな女性キャラが出てきたこと!
本編では女性キャラ数えるほどしか出て来なかったのでびっくり。このエマさんはなかなか美人でアランもまんざらではない様子でしたが
alan06.png
傍から見るとどう考えても電波なアランの発言にドン引きしてました(ノ∀`)アチャー
チャプターは3つほどあり1時間ほどでチャプター1が終了。さすがに本編ほどの長さはなさそうですね。
これで1200MSPはちょっと高いかなと思いきや
alan08.png
アクションアーケードというモードが入ってました。
これは敵を倒したり逃げたりしつつ、夜明けまで生き延びるというサバイバルモードでさっそくやってみたところ・・・むちゃくちゃ楽しい( ・∀・)イイ!!
弾薬には限りがあるため、常に移動しつつ落ちているアイテムを拾いながら戦う感じで、敵を倒すか敵の攻撃を避けると入る点数の倍率が上がっていく仕組み、敵の攻撃を受けると1にリセット。動きの早い敵や、グレネード投げてくる敵がやっかい。
alan09.png
さらに新登場のチェンソーさんや光をあてると分裂してしまう敵などなど。チェンソーさんはAlan Wake世界で最強の武器であるフレアガンの直撃にも耐えるほどの耐久力を持ってます。まあ、動きは遅いのでいい的なんですが、他の敵といっぺんに来られるとやばいですね。
10分間という短時間で終わり、しかも10マップくらいあるのでしばらくこのモードで遊べそうです。そういった意味ではディスクチェンジなしで遊べるXBLAで大正解ですね( ´∀`)bグッ!
alan10.png
1番最初のマップ『墓場』を無事クリア。全世界でランキング57位です!・・・まあ、アメリカで配信されるのは水曜日の昼でしょうから、今日帰ったら1000位くらいになってそうですがw
総評としてAlan Wake本編が好きだった人にはお薦め作品です。
アクションアーケードモードには本当に驚きました。まさかこんな予想斜め上の可能性も残されていたとは。。このモードをさらにCoopでやれたら超楽しそうだけど、もうそれはAlan Wakeではないですねw
元々高評価だったAlan Wakeですが、セールス的に振るわず4つ配信予定だったDLCも2つで中止に。。海外ではゲームオンデマンド化されてから好調で結局150万本ほど売り上げたそうで、このXBLA配信に繋がったのかなと。先日Steamなどで配信されたPC版も好評のようですし、360持ってない人もぜひそっちでまずは体験版をやってみたらいいかもしれません。(日本語吹き替えも入ってるそうです)
PC版でもこのAmerican Nightmareが配信されるだろうし、さらに盛り上がってDLCの続きなりAlan Wake2なりが出るといいですね~。
というかAlan Wake本編またやりたくなってきた、発売日に買った限定版はまだ家にありますが香港タグで配信中のゲームオンデマンド買っちゃおうかな。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Into Nemu nemu , 2012 All Rights Reserved.