クロブラリローデッド10~ジル・ド・レイ~

長かったブラッドサンプル13個集めをようやく完了
特に『不忍プリズン』がきつかったですね。ワープ、水中、暗闇、ダメージ床すべてが合わさったダンジョンで下層からアンロックしていく仕組み。下層は水中のため魔法が使えずアイテムのフロアサーチを30個くらい使った気が(;´∀`)
パーティ構成に変わりはないけど、エリィ(聖術士)がダメージを吸収するマナシールドを覚えたため、物理攻撃を代わりに受けるイージスと合わせて防御面は万全に。
集め終えたブラッドサンプルを海斗司令に渡す。
開発ラボに移動すると謹慎処分なのをいいことに急老症の研究に集中しているシズナ先輩の姿も。先輩と一緒に見守る中ブラッドサンプルはウェポンデバイス『Xブラッド』として再構成。これで今まで魔方陣で封印されてて開かなかった扉を開けれるようになるらしい。武器としても使えるようなのでジョーカーさん(暗術士)に装備。
指令所に戻って今後の作戦会議。
最近は指令所にいることも多い暴言隊長から指示が出されるかとおもいきや
暴言隊長『シズナ、お前が説明しろ』
とシズナ先輩にスルー。仕事してください隊長(ヽ´ω`) シズナ先輩から今まで黒騎士を現場で目撃しても逃げられてしまったことから、彼が帰る場所すなわち拠点となる場所を探すべきとの有りがたい指示が。
具体的には封印された魔方陣、特に研究施設のような場所を探すこととなりました。
でも、その前にせっかくだから今まで行けなかった魔方陣がある場所を巡ることにしました。
神社でXブラッドをかざす
ブブー
規子さん『この場所はXブラッドでも開かないようね、今は他の場所を探してください』
グリーンミュージアムでXブラッドをかざす
ブブー
規子さん『この場所はXブラッドでも開かないようね、今は他の場所を探してください』
愛音チャペルでXブラッドをかざす
ブブー
規子さん『この場所はXブラッドでも開かないようね、今は他の場所を探してください』
なんなのよもう!ヽ(`Д´)ノプンプン
まったく開かずXブラッド役立たず疑惑が立ちますが武器としては強いので、気を取り直してまだ行ったことなかったサクラテレビのジオマトリックスというダンジョンへ。
ここは旧XTHシリーズで『Wizard機関』という組織が使っていた研究施設だそうです。
隠し扉やちょっとした仕掛けがありましたがブラッドサンプル集めで鍛えられたので特に詰まることなく進む。
自爆コードなどがありましたがさっそうと現れた暴言隊長があざやかに解除。初めて仕事してくれた気がしますヽ(´ー`)ノ
blood45.png
奥では天羽が待っており、黒騎士さんに変身。
やはり彼が黒騎士であり、もはや自我が失われかけているようです。またも逃がしてしまい、一旦指令所へ帰還。
blood46.png
持ち帰ったデータから爆発すると周囲の生物が異形化してしまう『Blood Bomb』の製造が行われていたことが判明。愛音チャペルでもこれが使われたみたい。吸血鬼のブラッドを元にしているため異形化した生物に噛まれるとその生物も異形化してしまうのが特徴で、これを街中で爆破されたら手に負えなくなります。
黒騎士さんを追いかけていた暴言隊長から
blood47.png
正式に指令が出され、千代田坑道へ向かうことに。
千代田坑道は旧CPO司令部があったところで普通に入り口から入っても落盤がひどく進めません。そこでよく理解できなかったのですが、地下鉄からワープして侵入することに。。
少数精鋭による潜入作戦。シズナ先輩は研究に根を詰めすぎて倒れしまっために不参加のはずが、現場でバッタリ合っちゃう。『あなた達に責任を押し付ける訳にはいかないと』と言ってたけど、未だにセシたちはひよっこで任務を任せてもらえないのかと少し寂しい。
やはり無理がたたったようでシズナ先輩は倒れてしまいました。
blood48.png
通信で黒騎士さんも旧CPO司令部の実験の被害者であり、救ってあげて欲しいと頼まれます。
blood49.png
暴言隊長からはこんなメールがきましたが、逆に隊長のメールを無視しました。
すでにあちこちにBlood Bombが仕掛けられていましたがそちらは暴言隊長が対処し、セシたちは黒騎士さんと対峙。デスヘイルをXブラッドで弾き返し
blood51.png
黒騎士改めジル・ド・レイとバトル。
物理攻撃オンリーだったのでセシリーさんにすべて受けてもらいあっさり撃破。
blood50.png
天羽を救うことは出来なかったけど、黒騎士事件はこれで一件落着?
でも、気になることがいくつか戦闘中ダメージを与えたときに『My Sister!』と言っていたこと、倒れる直前に『もう一人の我が目覚めた』と言っていたこと、そして天羽の約束とは?やはり2人目が居るのかな?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Into Nemu nemu , 2011 All Rights Reserved.