Skyrim05~すべてのパパンの夢~

セシは誰にも利用されない!
とホワイトランを飛び出したものの、アリーの購入、アリーの宿泊費(馬屋)、アリーのエサ代で財布が寒い(ヽ’ω`)
skyrim56.png
結局ホワイトランに舞い戻り、酒場に入り浸る日々(´・ω・`)
セシリー『そんなわけでお金なくてさー。あ、ママお金貸してくれない?』
ママ『だ・め・よ。まあ、元気出してとりあえずは・・・食欲を満たしましょうよ、ねえ♪』
セシリー『ちぇ、ママそればっかりだよね』
ママ『あらあら、そうねーあなたも冒険者なんだから、何か仕事してみたら?』
セシリー『やっぱ、それしかないかー』
はあ、世の中やっぱお金だよねー。お金があればアリーの蹄鉄や鞍も新調してあげれるし、人参も毎日上げれるし、はあ。。それに何よりお金があれば・・・
skyrim53.png
憧れのマイホームも買えるのよねー。いい加減同胞団の本部からパクッじゃなかった借りてきた本10冊が重たい。この前退治したドラゴンの骨や鱗も重いし、荷物を置ける家が欲しいなー。しょうがないバルグルーフ首長に見つかるのが怖いけど、仕事しますかねー。
skyrim54.png
セシリー『そんな訳でお金が欲しいのでホールドアップ!』
バシバール『なに? アムレン家の剣を取り返しに来たんじゃないのか?』
セシリー『ああ、そうだった。剣も返して。』
バシバール『分かった、分かった降参する弓矢を下ろしてくれ』
セシリー『うん、分かればいいのよ』
構えていた弓を下ろす
バシバール『バカめが!』
下ろすと同時にバシバールが再び襲いかかってきたが
セシリー『うん、知ってた』
さくっと打ち倒す。近くの宝箱にはゴールドや鎧が入っててホクホク。あ、ついでにアムレン家の剣もあったので回収。
skyrim55.png
彼らのアジトの入り口に居た盲目の老人はどうするんだろう。。まあ、悪人に人権はない!とは言わないけれどこういう仕事してるんだし『覚悟している』人たちだと思うし、これからもたくましく生きていくことだろう。
アムレンに剣を返したらお金じゃなくて片手武器の訓練をしてくれた。弓一筋のセシにはありがた迷惑、やはり剣は売り飛ばすべきだったなー(・д・)チッ
仕事をいくつかこなすも報酬が話術の訓練だったり、パンしかくれなかったりと散々だギブミーマネーである。もうあれだ密漁に行こう密漁。
遠い異国エバクエなんとかという大陸では、マンモスの牙が高く売れると噂に聞いたことがある。ここスカイリムでの売値は知らないけどちょっとやってみよう。住人の話では西の見張り塔近くに巨人の棲み家があって彼らはマンモスを放牧しているらしい。
居た居た。
ホワイトランへ訪れる前に同胞団と巨人の戦いに巻き込まれたからあまりいいイメージはなかったけど、巨人たちはセシが近づいても特に攻撃してくることもなく大人しい、マンモスも同様だ。ちょっと心が痛むがこれもマイホームのためだ、せめてマンモスだけやっつけよう、それー。
1頭のマンモスに矢を仕掛けるとマンモスが3頭、巨人が3人襲ってきた((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
セシリー『覚えてろよー!』
颯爽とアリーに跨がりダッシュでその場を離れる。うん、離れただけ逃げてなーい。
ドドドドッ!
マンモス追ってきたー!? まずいこのままホワイトランに逃げ込んだら町はめちゃくちゃにされてしまう!でも、マンモス体力多いしどうしたもんかなー。
アレコレ考えながらアリーを走らせていると目の前に見覚えある塔が。
あれは西の見張り塔、もしかしたらあそこには!
セシリー『たーすーけーてー、イリレース!』
イリレス『は、あんた何でこんな所に? 首長への報告は終わったの?』
セシリー『いやいや、それどころじゃないってあれ見てアレ!』
イリレス『マンモス? 大人しいはずなのに随分怒ってるわね』
セシリー『よし、足止め任せた』
イリレス『ちょ、おま!』
skyrim57.png
メイン盾キタ!これで勝つる!
イリレスに足止めしてもらっている間にのんびり狙撃。うん、これが正しいアーチャーの姿だね(゚ー゚☆キラッ
イリレス『きゃああ』
イリレスさん吹っ飛ばされたー!? 気絶してるだけで命に別状はなさそうだけど、よくもイリレスを!
skyrim58.png
セシリー『ワハハ、塔には登ってこれまい』
階段を上がってこれないことをいいことに狙撃、狙撃。
skyrim59.png
セシリー『マンモスの牙ゲットー』
イリレス『あ、あんたね~(# ゚Д゚)』
セシリー『あ、イリレス無事だったんだね。じゃあ、あと2匹Pullしてくるよ~』
イリレス『ちょ、おま!』
イリレスの快い協力のおかげで、マンモスの牙と鼻を3本ゲット。衛兵Bが倒れてしまった気がするけど気のせいだろう。
イリレス『まったく、もう! それで首長への報告は?』
セシリー『あ、これからだよー』
イリレス『クワッ(# ゚Д゚)』
見張り塔を後にし北上していると前方に砦を発見。
山賊『お前を見ていとこの猫を思い出したよ、その猫も殺されたがな!』
セシリー『にゃんだとー!』
山賊は砦の城壁から、セシは地面から城壁に向かって弓の撃ち合い。むう、これは『高所有利、低所不利』の法則がー。
アリー『ヒヒーン』
ちょ、アリーどこ行くの!?
猛然と敵に突っ込んでいくアリーに呆然。
セシリー『わー、無茶するなー!』
慌てて中庭へ入りアリーを救出
skyrim60.png
するまでもなくアリーが山賊を蹴り倒していた( ゚д゚)ポカーン
続けて城壁から弓を撃っていた山賊も倒すアリー。なんて頼もしいんだ。
skyrim61.png
すべての山賊を倒し、城壁から景色を見渡す。あ、見張り塔が見えるやイリレスまだ怒ってるかなー。
中庭は制圧したので今度は砦の内部へ。
skyrim62.png
多勢に無勢。魔術師まで居て危うく絨毯にされちゃうところだった。
スゥーム(ドラゴンの叫び)や不意打ちからのヘッドショット。色々手を尽くすもののまだまだ数が多い。
しょうがない取っておきのー
skyrim63.png
ネクロライズ!(死霊遊戯)
いや魔法は使えないから、巻物使っただけなんだけどね。。
殲滅し、各部屋を漁っていく。
テーブルや木の器、ジョッキなど生活用品が多い。マイホーム買ったらまた取りに来よう。今日はホウキとリュートだけ持っていくことにした。
skyrim64.png
あ、あと奥の宝箱にスカジャン入ってたのでこれももらっていこう。
ホワイトランで戦利品を売り払い1700ゴールド貯まった。5000ゴールドにはまだまだ遠いけどがんばっていこう~。
バルグルーフ『・・・イリレスとセシリーから報告は?』
アヴェニッチ『遅いですなー』

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Into Nemu nemu , 2011 All Rights Reserved.