ランモバ_12〜レビュー〜

 

プレイ開始から3ヶ月ほど経過したので、ここらでレビューを書いておきましょう。

どんなゲーム? どんな人におすすめ?

ガチガチの本格SRPGです。下記に当てはまる人におすすめ。

  • ラングリッサーファン
  • がっつりシミュレーションしたい人
  • 地道な育成が好きな人
  • 時間がある程度取れる人

マップ
上記のSSは、ターン毎にマップの上部が炎で埋まっていくため、どんどん下に移動しないといけないというマップ。

SRPGにおいて、マップの広さは必須だと改めて認識させられました。引き撃ちやスキルで相手の移動を下げて一方的に攻撃したりとある程度なんでも可能です。シリーズお馴染みのテレポートもあるので、いきなり撃破目標に鉄砲玉も可能です!

移動
移動や攻撃範囲は一般的なSRPGと一緒でマス目単位ですね。ロールは主に4種類で、タンク(盾役)、近接アタッカー(物理)、遠距離アタッカー(物理・魔法)、ヒーラー(回復)。

戦闘画面
戦闘画面はこんな感じ。原作を踏襲して指揮官、傭兵に別れてそれぞれ突撃。ただし、指揮官、傭兵を別々に動かす必要はなく、部隊単位になっています。この辺はスマホ用の簡略化なんでしょうけど、いいと思いますというかもう原作の指揮官、傭兵両方動かすのは時間かかって無理かも。

キャラクター

キャラクター
キャクターデザインは、うるし原 智志先生ではないものの、原作をリスペクトしつつ、雰囲気を損なわずに現代に合わせてリファインされており、すごくいいと思います。スマホゲームにありがちな色んなイラストレーターが描いていて統一感がないということもないです。

ただ、惜しむらくはキャストが一部を除いて変更になっており、原作ファンだと違和感を覚えてしまうかもしれません。私的にはディハルトがキツイですね。見た目はチャラ男、セリフはヤレヤレ系でまったく使う気になれず、今からでも変えてくれないかなーと。声は原作の神谷さんが合っていたとはいい難いので、今のままでいいと思いますが。

キャラ固有のタレント、クラス依存のスキル、兵種になっており、この割り振りのキャラ格差が結構大きいです。私が1番好きなシェルファニールはもろにこの影響を受けてしまい、「ラーナでよくね?」って言われても反論の余地がまったくありません(泣)というかメテオとうみにん使わせてよー。

スキン
運営側からスマホゲームにありがちな同一キャラの別バージョンなどは実装しないと明言されており、その点も安心ですね。こちらは見た目だけが変わるスキンです。入手方法は課金でスキン券を購入、イベント入手、まわす哲学(聖魔晶を大量消費)で入手の3つです。抵抗あるかもしれませんが、スキン券は高いので、無課金・微課金であれば迷わずまわす哲学を選びましょう。

ガチャ

ガチャ
みんな大好き、私は大嫌いなガチャですが、最高レア度であるSSRの排出率は2%。今現在、私は300回引いてSSR5体。大体60連して1体の計算になり、期待値を下回っています。ぶっちゃけ渋いです。

もし、これから始めるのであればリセマラは全力でやったほうがいいです。おすすめはリアナ・レオン・ティアリスですね。この3人居ればゲームクリアと言われています。

ガチャ自体は渋いのですが、1体引ければもうガチャを引かなくても、時間をかければ限界突破はできる仕様になっており、微課金にも優しいです。限界突破するとステータスはもちろん、タレントの効果が大幅に上がるため恩恵が大きいです。

課金要素

課金推奨です。
「勇気の旗印(480円/月)」
これだけは課金したほうがいいです。効果は下記の通り。

  • 女神の試練デイリーボーナス+1
  • 兄貴のジムデイリーボーナス+1
  • 聖魔晶125個

上2つが育成・装備入手に欠かせない要素で、後述しますがこれらの育成要素はかなり時間がかかるため、この課金があるとないとではかなり差がついてしまいます。

私はこの他に「女神の恵み(600円/月)」という、1ヶ月で聖魔晶が合計1650個貰えるセットにも課金しています。

ガチャに必要な聖魔晶や聖魔券への課金は手っ取り早く強くなりたい人はやればいいんじゃないかなーと。

ちなみにガチャを1回引くには聖魔晶88個か聖魔券1枚が必要です。まったく無課金の場合でもログインボーナスやデイリーミッションをこなすことで

  • 聖魔晶:280(ログボ)+900(30/デイリー)
  • 聖魔券:5

毎月18連分はもらえます。実際には事件や超時空試練等をこなしていけば毎月30連くらいは貯まるかと。もちろん始めばかりの人であれば、メインストーリーや時空の裂け目をクリアする時にに初回報酬で結構な数を貰えます。

育成要素&デイリー

デイリー
デイリーミッションはほとんどオートで回すことになるかと思いますが、それでも1時間くらいかかってしまうのが現状です。ランモバには一度クリアしたマップをスキップできる「掃討」というシステムがあるのですが、そちらがデイリーミッションに来るのを心待ちにしているプレイヤーが大半だと思います。(先行のアジア版では最近実装されたそうです)

さて、上記のデイリーミッションで素材やコインなどを集めて、楽しい楽しい育成タイムです。育成は主に4種類あります。

指揮官スキル

指揮官
クラスツリーがあり、それぞれをマスターしていくとステータスアップ、スキル・兵種を入手できます。
※コインが必要です。

指揮官ステータス

絆
絆の力。伸び幅が非常に大きいので、こちらも重要です。
※コインが必要です。

装備

装備
装備もレア度が設定されておりSSRが最高で、Lv50(星6)まで鍛えることができます。ルナのように排出されやすいSR装備でもお手軽に(安上がりとは言えないが)大幅にステータスを上げることが可能なキャラも居ます。

ステータスアップ以外にもエンチャント要素があり、こちらはセットで発動する特殊効果&ステータスアップで、ステータスアップはランダムなため、結構な手間がかかります。
※コインが必要です。

兵士

兵士
最後は兵士の育成。ラングリッサーらしく最終的には強さが兵士>>>指揮官になります(^_^;) ぶっちゃけこれが1番重要な育成要素かと。
※コインが必要です。

はい、しつこいくらいの※でしたね。そう、ランモバは何をするにもコインが必要となります。私は現在育成を止めて貯蓄モードに入っており300万コインありますが、育成再開したら3分で0になるでしょう……いや、マジで。。

原作を忠実に再現した時空の裂け目が素晴らしい

日記で何度も取り上げているのですが、時空の裂け目は本当に素晴らしい出来。
エルウィン
群像劇、ドラマティックな分岐ルートのラングリッサー2を最初にもってきたのはナイスチョイスであり、光輝ルート21マップ、帝国ルート14マップとめちゃめちゃ力入っています。覚悟ガンギマリなエルウィン、どのルートでも健気についてきれくれるメインヒロインのヘインくんとほとんど忘れかけていましたが、2は名作だなーと。

ラングリッサーファンにはぜひやってほしいです。今から3、4、5をやるのが楽しみでなりません。

他にもPvP要素や旅団(ギルド)、システム的にも動画を録画できたりと色々あるのですが、そちらは割愛。昔のMMOばりに時間がかかるゲームなので気軽におすすめはできませんが、ラングリッサーファン、ちまちま育成するのが好きな人はぜひプレイしてみてください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Into Nemu nemu , 2019 All Rights Reserved.