FEH_37〜聖歌〜

FEH
覚醒のクリスマス。
feh_37_01.jpg
そういえばサーリャとルフレってカップルだったなーと。
feh_37_02.jpg
ステージの背景やキャラの作り込みもかなり華やかでいいですね〜。クロム様のプレゼント袋が大きすぎて1コマからはみ出しているのが楽しいw
feh_37_03.jpg
サーリャがやられた時に顔に影がかかるなど細かいこだわりも垣間見えて、今回のガチャはかなり好印象……うん、だからガチャの結果なんてどうでもいいじゃないか!
ユニットとしてはサーリャ一択かなと思います。重装ってどうしても動かしづらいしね〜。ちょっぴり深追いして21個でピックアップキャラは引けず。でも、カイン(救援の航路)、ソレイユ(火薙の剣、魔防の大紋章)× 2を引けたのでよかった。赤は星4でも素材として優秀なキャラが多いのがいいですよね。
戦禍の連戦が火曜日から開催されます。40%ボーナスキャラがクリスマスガチャの4人ということで追いガチャするか悩みましたが、一旦見送り。年末ガチャが控えているのと、緩和されたとはいえターン数評価のある戦禍で重装キャラは辛い。あとは、年末年始を戦禍の連戦で過ごしたくない!というのが1番の理由ですね(^_^;)

feh_37_09.jpg
今回はこのメンバーで行こうかと。20%ボーナス枠の仮面マルスが中心ですね。まあ、回復しかさせないんですけどね。。なんだろう、前回の戦禍のラストでコイントスに負けてしまい借金を背負った仮面マルスが出稼ぎに行くイメージしかないw 今回は5万ポイントで新聖印もらって早期終了予定です。

今年のイベントは戦禍で出尽くしかな? 戦禍、大英雄戦で新英雄が来ないことが判明したので羽を使って
feh_37_04.jpg
アイラにキルソード鍛(HP+5、速さ+3)、遠距離反撃を継承。Bスキルも待ち伏せに変えました。連戦ではなく英雄戦や闘技場などの短期決戦ではこちらのほうがいいかもなー。やはり速さ苦手個体なのが辛いところ、アイラ単独ピックアップまでにオーブ貯めておきたいですね。
ぱっと見のステータスは前の獅子奮迅、天空、攻め立てアイラのほうが強いかもと思ったのですが、
feh_37_05.jpg
……これはいかんでしょ(-_-;) 青属性愛好家達がおこなのも頷けるというもの。。攻撃受けたら即、歩行の鼓動があれば開幕からと奥義連発できるのが強い。
問題はHPが高すぎてドルカスさんでは歩行の鼓動が発動しなくなってしまったこと。本気でファちゃんに継承させようか悩んでいます。攻撃苦手ドルカスさんがファちゃんに勝っている点は、デフォルトでスキルが揃っているくらいなんですよね。うーん、緑斧枠としては斧アイクやシーマ様、ヘクトル居るしなー。。残す理由を探すのが難しい。。
縛鎖の闘技場はファちゃんとバミラ姉さんのおかげでぐっと楽になりました。
feh_37_06.jpg
勇者の弓リン、ラインハルト、遠距離反撃斧アイク、アイラ……もう逆に清々しいくらいのガチパに遭遇したり、
feh_37_07.jpg
斧クロム様とか久々にというか初めて見たわー。このステータスに槍ルキナの攻撃+3、速さ+6が乗って結構強い。あ、あと卵ルキナ使ってくれてうれしい。錬成でニンジンと卵武器が自分から攻撃後だけHP回復だったのが、受けでも攻撃してれば回復するようになったので粉塵付けやすくなりましたよね。私も卵ルキナかバミラ姉さんの錬成しちゃおうかなと。
こんな感じで700前後の縛鎖は両極端ですね〜。
ノーデスはもちろんできるけどこれを7連戦ですからね。正直疲れます。1週間に一度でいいのがまだ救いか。
年末年始はFEHをお休みする予定なので、今年最後の日記になるかも? 一応年末ガチャが来たら更新するかもです。前回の伝承英雄ガチャと同じく闇鍋形式だったらさすがに懲りたので、たとえユリアが含まれていてもスルーします。ラインナップを見てクリスマスガチャをもう一度引きにいくかもしれない。でも、いい加減トラキアも来るだろうしオーブ貯めておきたいところですね。
あ、Echoesはこんな感じです。
feh_37_10.jpg
竜の盾(速さが−10されるけど、守備と魔防が+13で毎ターンHP5回復する)チャレンジしてたので全然進んでいません(^_^;) エフィちゃんのクラスチェンジ先悩み中。なんとアーチャーになれないんですよ(ノ∀`)アチャー
今週のまとめ

闘技場パーティー
feh_37_09.jpg
今週のボーナスキャラはリズちゃん(星4)、コスプレしてきて!
オーブ数:112個 → 139個
英雄の羽:31,893枚 → 21,298枚
闘技場階級:19 → 18(今週のスコアは4812、昇格圏内)
縛鎖の闘技場:4838

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。