FF5_12:エクスデス城〜古代図書館

FF5
ストーリー

エクスデス城へカチコミ。
1Fに居た兵士たちはあっさりエクスデスにやられていた、まあ、逆にここで一兵士に倒されても困るけど。。
上部へ続く部屋にはエクスデスの幻術がかかっており進めない。
FF5_89.png
ケルガーが最後の力でエクスデスの幻を打ち破る。最後の暁の4戦士が逝く。。
召喚獣の中で1番カワイイはずのカーバンクルが
FF5_90.png
ムッキムキだった、死にたい。。
FF5_91.png
げんじのかぶとを回収。
あとはよろいだけだから、げんじさんと会うのもあと1回か?
最上階でエクスデスと対峙。クリスタルを砕き世界を一つに戻すと謎の発言。
FF5_92.png
正直勝てる気がしなかったが、フレアもホーリーもメテオも飛んでこず、わりとあっさりと倒すがクリスタルは砕け散りエクスデス城は崩壊。ああ、そっかクリスタルって壊しちゃいけなかったんだった。。
4人が気がつくと目の前にあったのはタイクーン城。元の世界に戻ってきたのか?
何はともあれタイクーン城に帰還。王女の帰還を祝うお城の人々、そしてファリスのお披露目。
FF5_93.png
(・∀・)ニヤニヤ
祝賀会の途中でお城から抜け出すバッツとクルル。
世界がどうなってしまったのか、そしてガラフの『急げ!』という声に促されて調査の旅に。
飛竜も潜水艦も所在不明なので、まずは西の洞窟に置いてきたチョコボのボコに会いに。
FF5_94.png
すっかり放置していたが元気でやっていたようだ。
飛空挺らしき船が着陸しているという噂の南の大陸へ行く途中、地盤沈下で洞窟に落ちてしまう、ロープで引き上げてくれたのは
FF5_95.png
ファリスだった。レナは王様不在で実質的なトップの立場なのでさすがに抜けだすのは難しいか。。パーティー構成に悩む。
さらに南下すると洞窟でギードと再会。相変わらずひっくり返ってアタフタしていた( ゚д゚)、ペッ
賢者よろしく語り始めるギード。


かつてバッツたちの世界とガラフたちの世界は一つの大陸だった、無を操る邪悪エヌオーを伝説の12の武器で倒したが無をなくすことはできなかった、止むを得ずクリスタルの力で世界を二つに分けてその境界、次元のはざまに無を封じた


そうだったんだ〜。
とここでエクスデスが唐突に登場、棘になってクルルに刺さっていたらしい……何故(;´∀`)
木の化身だからなんだろうけど、本当になんでわざわざ棘に。。世界がひとつに戻った反動でどうやら封じられていた無も蘇ったようでタイクーン城が無に飲み込まれる。あれこそ私が追い求めていた力と喜ぶエクスデス。ああ、別にエクスデスがタイクーン城を滅ぼしたわけではないのか。
そして二度目の対決。
どうやらエクスデス城では手を抜いていたようで手も足も出ず。フフフ、分かっているよ。ここでタイミングよくレナが助けに来てくれ
FF5_96.png
ファッ!? Σ(゚Д゚)
突然ヨーダ VS 暗黒卿を思い出させるような超スピードで戦い合うギードとエクスデス。えー、ギードこんなに強かったのか。。
わずかな隙を付かれバッツたちごと吹き飛ばされてしまった。
エクスデスは無の力を求めて次元のはざまへ、バッツたちはひとまずギードと共に古代図書館へ赴きエクスデスを倒す方法を探す。すぐに次元のはざまへ乗り込むべきと逸るバッツを次元のはざまには古代の強大な魔物も封じ込められていると諌めるギード、伝説には伝説で対抗じゃというわけでこちらも伝説の12の武器の封印を解くことに。
その方法は2つに分かれてしまった封印の書に書かれていた。


エヌオーと戦いし、われらの12の武器をクーザー城に封印する…
封印をとくカギ…4つの石板。
1つは、過去のたましいとともに
    土に守られ
1つは、島の神殿の中に
    風に守られ
1つは、海の底よりふかい場所に
    炎に守られ
1つは、うたれる水のうらがわに
    水に守られん
われらのしもべを封印する…
封印をとくカギ…4つの石板。
石板を動かすとき、われらのしもべも復活する…
白と黒、究極の魔法…
時空魔法メテオ…
海王リバイアサン…
そして、竜王バハムート…
この本をとびらにささげよ
さすれば、封印への道は開かれん


え、ボコ?
『ボコはオレが置いてきた。修行はしたがハッキリ言ってこの戦いにはついてこれそうもない』

ダラダラ感想

なんでムーアの大森林に助けに来てくれなかったの! とギードに対してプリプリ怒っていましたが、やっぱギード、いやギードさまって最高だわ。テノヒラクルー。もうギードさまがエクスデス倒せばそこで物語は終わりじゃないですかね〜。。
エクスデスは純粋な悪役なんだけど。
700年前にギードに封印されてもめげずに復活したけど、30年前に再び封印されるも、がんばって人を操ってクリスタルを破壊させて再復活。全世界を敵に回しつつ、なんとかしのいでガラフの世界のクリスタルも破壊。2つに分かれていた大陸が元の1つに戻り、復活した無の力を求めて次元のはざまへ……物凄い苦労している。。めっちゃ努力家ですよ彼。。別に次元のはざまの魔物たちもエクスデスの味方というわけじゃないだろうし、むしろここからがエクスデスにとって本当の始まりなんじゃないかと。。いつも思うけどポッと出の主人公たちよりどう考えても悪役側のほうが、がんばっていますよね(;´∀`)
ストーリー的にはもうあとは4つの石版で3つずつ伝説の武器の封印を解いて、その後、次元のはざまへ行き、エクスデスを消滅させる感じ。なんとなく盛り上がりのピークは過ぎて消化試合的な流れなんだけど、ゲーム的には面白くなるのがここからなんですよね〜。
ABP(アビリティポイント)も稼ぎやすくなってカンストするジョブも増えてきて、伝説の武器をどれから取るか悩んだり、最強魔法のフレア、ホーリー、メテオ、そして最強の召喚獣リバイアサン、バハムートと目白押し。しばらくストーリーの進行はないので、次の日記はすべての石版集め終わった後になるかな。あと3〜4話くらいでまとめたい。
FF5_97.png
そういえばレナの心配誰もしてなかった。
パーティー順の先頭をレナにして移動時はレナを操作だったので、個人的には早く合流して欲しいところ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。