家計簿メモ~2013年08月~

家計簿

涼しくなった気がしたけど、再び猛暑に な8月の家計簿(´・ω・`)
kakei201308.png
食費がまたまた5Kほどオーバー。。外食が多かったのかな、食費におけるお菓子の割合は17%
出産祝いやら退職祝いで珍しく交際費がグラフに顔を出しています。送別会はともかく、定年退職以外での退職祝いって意味が分からないですよね。。
3月から始まった歯の治療がようやく終わったので、来月からは医療費も目立たなくなるはず。治療代より治療時間がきつかったなー。会社の前の歯医者さんに通ったので、仕事中ちょいちょい抜けて治療できたからいいものの、これが休日を使ってとかだと治療は無理だったかも?
エアコンほぼつけっぱなしで心配していた電気代はいつもより3Kほど多かったくらいで済みました。

余談(8月を振り返る)

ちょうど月一毎の記事になるのでこの家計簿日記で1ヶ月振り返っていこうかなと思います。

kabu_fake.png
一千万儲けた……という夢を見たのさ。-20万ほどで依然として厳しい……
トレード歴をCSVに落として振り返ってみると1万~3万ほど損切りが非常に多い、少額の負けがボディブローのように積み重なってグロッキー状態に(´・ω・`)
6月の投資開始から順番に振り返ってみると
・デイトレードで3万ほど儲ける
・気を良くして投資額を増やす
・主にランキングを参考に投資
・逆指値を覚える → 逆に損切りが多くなる
・見せ板にホイホイ引っかかる
・トレンドが過ぎた頃に乗っかり、一緒に下落
う、うーん株初心者がやるであろう失敗を全部してしまったというか、カモネギですわ(´・ω・`)
買った株もゲーム → バイオ関連 → LINE関連と流されまくり。。
8月は逆指値を止め、損切りのタイミングを失い、ナンピンする余力もなくほとんど手を出せずぼーっと見ているだけでした。。
1ヶ月我慢したバイオ関連株を損切するもKLabちゃんを諦めきれず、塩漬け状態に(ヽ´ω`)
kabu_kaizan.png
この買い残の多さ(´Д⊂グスン
これじゃあ100円上がっただけで売られちゃうよなーと損切りタイミングを伺っていたのですが、
・新作リリース時 → 1100円で指すも届かず
・米スマートフォン・ゲーム最大手のひとつ『Kabam』と業務提携! S高! → 1200円で指すも届かず
うーん、2度もチャンスを逃すこの残念センス。。いや、買い残多いとはいえまさか1日持たないと思わなかった。。
1000円台仲間だったエイティングさんの躍進を尻目に枕をぬらす日々です。。
出来高が多いのがせめてもの救いですが、売り圧力が強すぎて1100円が壁かなーと。塩漬けしときますね。。スマホゲーム全然やらないのに、どうして拘っちゃうんだろうか。。
ガンホーさん
1100円台で2週間ほど安定していたので買い増した直後、下落したKLabちゃんで失敗したのに、こちらも2週間ほど6万5千円前後で安定していたし、米Apple Storeの上位ランクイン、ケリ姫スイーツも好調ってことでここが底だな! って入ったら下落。。証券会社の空売りもあるんでしょうけど、真っ逆さまでしたね。。
ここ数日で再び6万後半まで盛り返してきたけど、どうなるのやら。。
KLab、ガンホー共に複数持つのは怖いので単株にしようと思います。。
株を3ヶ月ほどやって思ったのは『サラリーマン投資家には急騰株は無理』ということ。
現在は仕事に支障が出ないようにと通勤前とお昼休みにチェックするに留めているんですが、
ある日のガンホー
前場寄り前:S高いく勢い( ´∀`)
前場終了:6万9千円までアップ! キタ━(゚∀゚)━!
仕事終わってチェック:5万9千円までダウン! ∑(゚д゚lll)ガーン
何があったのよ。。
KLabとガンホーはデイトレード株だった。。これは無理ですわ。。
日経平均もどうなっちゃうんでしょうね、9月は大きいイベントが多い。
9月7日:2020年夏季五輪開催都市決定(イスタンブール、東京、マドリード)
9月9日:4~6月の国内総生産(GDP)確定値公表(消費増税の参考にされる)
10月15日:KLab第4四半期決算
11月  :ガンホー2013年12月期の第3四半期
かな。オリンピック関連株はちょっと博打かな。マドリードか東京のどっちかになるんじゃないかと。GDPは速報より下がらないといいけど。正直9月9日までは株から手を引いて様子見したほうがいい気がする。
KLabはラブライブというアニメのアプリが好調なようだけど、2つの新作がどうなるのか、日本では未リリースだけど『Rise to the Throne』のほうが気になる。ストラテジー系でAge of Empiresもこのゲームをベースに作ってくるはず、これがコケると厳しい。ガンホーは家庭用に『ラグナロクオデッセイエース』や『パズドラZ』を出すけど、正直ミリオン売れても株価に反映されないと思う。スマホアプリが海外で受けるかどうかがすべてかなと。
新興株はこりごりなので中長期に切り替えていきたいが、もうちょっと様子見。
・3Dプリンタ
・LCC(ローコストキャリア、飛行機の格安便)
・ウェアラブルPC(ソニーのスマートウォッチ、Googleのグーグルグラスなど身に付けるPC)
数年先を見据えてこの辺りに移行していきたい。ちょっと始める前の勉強が足らなすぎましたね。

グインサーガ

保有株価は上がらないけど、セシの中でグインサーガの評価がストップ安!
どうしようね?(´・ω・`) 外伝の『七人の魔道師』読み終わったんだけど、ケイロニア編で下がったグイン熱が戻らず。。というかこれ5人の魔導師がグインを巡ってキャッキャウフフした挙句、二人の格上の魔導師が根こそぎ刈り取って、グインが最後美味しいところだけ持っていくだけじゃないですか、ヤダー。
しかもこの作品辺境編の時期に出版されたということで、これをすでに読んでた人は増々ケイロニア編の陰謀が茶番劇に見えて仕方なかったんじゃないかと。
懲りずに外伝『イリスの石』、『氷雪の女王』を借りてきました。
こちらは本編の『三人の放浪者』グイン、マリウス、イシュトヴァーンがケイロニアに付く前のお話ですね。なかなか面白い。
なぜこっちが面白く感じるかというと『冒険、旅をしている』感じが出ていることかなと思います。
これはセシの中世ファンタジー観が『ロードス島戦記』と『EverQuest』をもとに作られたからかなと。辺境編にせよ、パロ奪還編にせよ旅の描写が多かったですよね。ケイロニアに落ち着いてしまったグインはもう軽々しく色んな地へ行くことはできないでしょうから残念です。
セシと作者の感性が合わないのかとも思います。
グインサーガはファンタジーオペラというかなんというか、決まっている年表、世界に基づき、所々登場人物にスポットを当てていく感じなんでしょうね。作品にサプライズを求めるセシにはちょっと厳しい。予定を切り上げてイシュトヴァーンの国盗り物語が終わったら読むのやめてしまいそうです。

モンハン3G HD

mh3g_hd06.png
村下位最終ナバルデウス討伐クエストを完了。どうもこれがストーリー調のクエストの最終回だったようで、クエスト前は結構盛り上がり良かった。
mh3g_hd07.png
クエスト達成後のムービーもなんとなくスターウォーズ第3部を思わせる感じで良かった。
さあ次は上位クエ、港クエストだ! ってところだけど、もういいかなと(;´∀`)
たまにやると面白いモンハンだけど続けてやると、ユーザーフレンドリーにほど遠い、ストレスフルなところがやはり目立つ。いろんな武器使いたいのに材料やらお金がかかりすぎ、せめて防具は剣士・ガンナーどちらか片方作ったら、もう片方も使えるようにしてくれないかなーと。

MOTHER2

mother2_04.png
寝落ちしながらもテンポが良いのでさくさく進めてます。現在『おとのいし』は5個目で残り2個。4人目の仲間も加入されもしかしたら終盤に入ったのかも。まったく関係ないけど日に日にロマサガやりたい病が重くなってきた。VC配信まだですかね?( ゚д゚ )クワッ!!
新作では風のタクトHDを購入予定だけど、ロマサガきたらそっちをやると思う。
なんだか家計簿日記なのか雑記なのか分からなくなっちゃったけど
cat20130827.png
ヴァレスくん家の猫でも見て和もうじゃないか(*´ω`*)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。