M&B03~セシが育てた~

mb09.png
一人旅の日記が続いたけどこのゲームの醍醐味は自分の軍団を率いれること。
ちょうどクエストで騎士への育成任されたこともあり、兵を育てることにしましたん。まずは村で志願兵を募ります。名声もまだまだ元会計士の傭兵くらいのセシでは数人しかきませんから、大事に育てていきたいところ。
育て方はいたって簡単で、戦闘を行うことです。
そんな訳で封印していた逆追いはぎを実行。さすがに15人もいると向こうは逃げていきますなワハハ。戦闘中に負傷した味方兵は、運がよければ気絶で怪我扱いだけど死んでしまうこともあるので弱いうちはセシが先頭切って戦う。突撃、待機、後方射撃など簡単な号令も出せるので初めのうちは待機させておいてもいいかもん。
戦闘が終わり経験値が貯まると兵種がアップグレード可能。
民兵→新兵→衛兵→騎士
だったかな、衛兵あたりから馬に乗るようになり
mb11.png
とっても頼もしくなり、山賊くらいならセシが手を出すまでもなく片付けてくれます。でも、別にセシを慕ってきた訳でもないのできちんと1週間に1回給料を払う必要があり、ランクが上がれば上がるほど高くなるので注意。
そしてひよっ子だった彼らも最高ランクの騎士に育ちました。軍馬に跨り、立派な鎧に身を包みってあれこれってもしかして・・・
mb10.png
Lv25って`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
主人であるセシより遥かに強くなってました(´Д⊂グスン
もうLv13であるセシが敬語を使うレベルになってしまったので、クエスト報告し騎士たちは去って行きました。いつか戦場で会おうぜ!
騎士さまたちに戦闘を任せていたセシは逆に
mb13.png
ぶくぶく太ってたり(ノ∀`)アチャー
今まで逃げ惑ってた脱走兵(鎧に身を固め、馬に乗ってたりと強い)も倒せるようになり、彼らの装備を売ったお金が7000デナルくらいになったので、今度は本格的に自分の軍団育てますかね。15人程度育てつつ、名前ありのヒーローユニットたちに会いに行きましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Into Nemu nemu , 2011 All Rights Reserved.