だめか~

賃貸マンションの契約更新時期がきました。(4年目:2年毎、2回目)
引っ越しはせずに契約更新する予定だったんだけど、何気なく契約更新でネット検索したら出てきたのが
『賃貸更新 家賃値下げ交渉』
このキーワード。家賃値下げ交渉、そういうのもあるのか!∑(゚д゚lll)ガーン
前回(2年経過時)はそのまま更新したので今回は交渉してみることにしました。
こちらで用意した値下げの材料
・築年数(かなり古い)
・同じマンションの空室が4000円低い値段 & 礼金なしで募集されている(私は礼金払った)
・家賃滞納やその他の問題を起こしたことはない
特に2番目が大きいよね。若干間取りなどは違うけど。
それでさっそく管理会社に電話して上の材料を伝えて、管理会社と大家さんで検討してもらうことになった。
帰ってきた返事は
『1000円下げます』
1000円かー、私の部屋は4000円安い部屋と違ってリフォームしているから4000円下げるのは無理だと思っていたけど、もうちょっと下げて欲しいのでそのまま交渉開始。
・更新料は家賃の1ヶ月分で仮に3000円下げても3000 × 12(ヶ月) × 2(年) = 72000となり2年で十分ペイできますよね
・仮に私が解約した場合は更新料も入らないし、次の入居者が決まるまで月々の家賃も入らなくなりますよね、そちらのほうが痛いですよね
・引越しシーズンも過ぎてますし4000円低い他の部屋が埋まらないのに、こちらの部屋がすぐに次の入居者が決まるでしょうか?
・リフォームにかかった費用も礼金1ヶ月分 + 募集部屋との差額4000 × 48(4年) = 2xxxxxですから、十分回収したのでは?
・家賃を下げるのが難しければ、ウォシュレットやTVインターホン、宅配ボックスなどの設備投資は可能ですか? あ、でもそれだと全部屋やらないといけないですよね。一方家賃下げるだけなら私一人で済みますよね~?
と、まあ私としては論理的なつもりで言葉を並べた。
あれこれ言わなくてもシンプルに1番目の理由で合理的に考えれば『私に解約されるより、家賃ちょっぴり下げて更新料もらったほうがお得よね?』これで納得してもらえるものだと思っていた。
が……駄目っ……!
管理会社の人が言うにはそういった事を十分伝えた上で大家さんは1000円下げでってことらしい。ちなみに私が最初に値段下げてって言った翌日にこの返答であり、管理会社の人が口を滑らせてしまったんだろうけど『朝一番で大家さんと相談しました』と言ってたのね。で、私に電話がかかってきたのが9時10分。。朝一番が何時なのか分からないけど、どう考えてもこの人きちんと説明してないなと思ってしまった。
大家と住人の間に立って調整するのが管理会社さんのお仕事のひとつ。
もう一度交渉してきてよと何度も言ったけど、できませんの一点張り。どうにも管理会社の人は大家さんに対して立場が弱いらしい。というかむしろ『1000円下げることを同意させました!!』的な勢いである。
まって、まって冷静に考えて欲しい。
・更新料は家賃の1ヶ月分で仮に3000円下げても3000 × 12(ヶ月) × 2(年) = 72000となり2年で十分ペイできますよね
・仮に私が解約した場合は更新料も入らないし、次の入居者が決まるまで月々の家賃も入らなくなりますよね、そちらのほうが痛いですよね
・引越しシーズンも過ぎてますし4000円低い他の部屋が埋まらないのに、こちらの部屋がすぐに次の入居者が決まるでしょうか?
・リフォームにかかった費用も礼金1ヶ月分 + 募集部屋との差額4000 × 46 = 2xxxxxですから、十分回収したのでは?
・家賃を下げるのが難しければ、ウォシュレットやTVインターホン、宅配ボックスなどの設備投資は可能ですか? あ、でもそれだと全部屋やらないといけないですよね。一方家賃下げるだけなら私一人で済みますよね~?
管理会社の人も『はい、おっしゃることは分かります』と言ってくれた。うんうん、じゃあもう1回交渉してきてね → できません → まって、まって冷静に考えて欲しい → 以下無限ループ
駄目だ、この人。。君の仕事はなんなのかと。。
かなり大手の管理会社なんだけど、どうにも仕事が雑と感じてしまう。うちのマンションにない設備の案内がきたり、光ファイバー引いてません、CATVと契約してください! → 実は引いてありました(*ノω・*)テヘ 管理の意味を辞書で引き直してよ。。
で、まあ結局1000円下げで契約更新するか解約するかになりました。
うーん、解約されると困るのは向こうだと思うんだけど、さっぱり分からない。。
引っ越しするつもりはなかったけど、ちょっと考えちゃうなーということでシミュレート。
更新料払って1000円下げて今のところに住んだ場合と、5000円、10000円安い賃貸に引っ越した場合の比較。
月々の家賃差額(5000)
2年の差額:120000
更新料:家賃一月分
月々の家賃差額(10000)
2年の差額:240000
更新料:家賃一月分
引っ越した場合の初期費用合計(家賃-5000、-10000)356500、376500
※初期費用は前家賃(1ヶ月)、敷金(1ヶ月)、礼金(1ヶ月)、仲介料(1ヶ月)、鍵交換代、火災・住宅保険、引越代を含めた金額。
5000円下げなら引っ越して3年半くらいからやっとお得になる感じか。今の賃貸の敷金がどの程度戻ってくるかにもよるけど。。家賃1万下げれば半年くらいからお得になるけど、家賃は住民の質と比例するのであんまり安いところはちょっとね。
う、うーん。
どうせ引っ越せないでしょという大家さん側の思惑に乗るのは癪だけど、実際その通りだー、ぐぬぬ。職場から電車乗り継ぎなしのところに引っ越したい気持ちもあるんだけど、まあ、1000円下げで更新するしかないかな。。何も知らずに更新してたら年12000円違ってたし、よしとしましょう。。
そんなこんなで1回目の更新(2年)はともかく2回目の更新時は家賃の値下げ交渉してみるといいかも? というお話でしたー。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Into Nemu nemu , 2014 All Rights Reserved.