安全なんてない

sarah.jpg
海外ドラマの『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』Season1 DVD-Boxを購入。
ターミネーター時系列

年代 作品名
1984 ターミネーター
1994 ターミネーター2
2004 ターミネーター3
2018 ターミネーター4

本作品は2から5年後1999年が舞台のようです。
2でスカイネットの開発チップ、ターミネーターの腕、本体を消滅させ未来は誰にも分からなくなった。1997年の審判の日(核戦争が起こる)が過ぎ、何も怒らず平穏に戻った生活。しかしコナー親子は安心できず、相変わらず点々と住居を変える生活を続けている。母親のサラはスカイネットを開発していたサイバーダイン社のダイソン殺害容疑でFBIに追われていた。
息子のジョンは新たな転入先の学校で美少女キャメロンに話しかけられいい感じに。そこへ筋肉質な代理教師が現れ突然発砲、巻き込まれたキャメロンあっさり死亡。。逃げるジョンを追う代理教師。銃を脚の内部から取り出したため出血・・・ではなくオイルと鉄の骨組み、どうみても機械の体、そう5年前に滅ぼしたはずのターミネーターが再び現れたのです!
ウェイトレスのバイト中にTVで学校発砲事件を見るサラママ
未来のリーダー(予定)のジョンがどうしたのかというと、発砲すらせず逃げまわる。。赤外線サーチであっさり見つけられ銃をつきつけられ・・・ドーンと車で跳ね飛ばさえるターミネーター。さすがサラママ来るの早いね!
と思いきやここで現れたのは死んだはずのキャメロン。そう彼女もターミネーターだったのだー。
ダダンダッダダン、ダダンダッダダン
サラと合流する2人は状況説明を求める。2での奮闘も虚しく2011年にスカイネットは起動してしまい未来では人間と機械の戦争が起こっている。代理教師だった男はジョン抹殺に来たターミネーター。キャメロンはジョンを守りにきたターミネーター。
リーダーの器じゃないと気弱になるジョン(ここまでまったくいいところなし)、サラはダイソンに変わってスカイネットの開発を続けている人物を見つけ、今度こそスカイネットの息の根を止めることを決意。ダイソン邸で奥さんに情報を得ようとしているところにターミネーターが現れる。不意をついて逃走するもこのまま逃げてもいつかは追いつかれてしまう。
そこで隠し金庫に保管されていたタイムマシンを使い、スカイネットが誕生した2007年に3人は飛ぶのだった!
途中までまーたー2と同じで抹殺ターミネーターVS護衛ターミネーター、3の失敗を繰り返すのかとがっかりしてましたが、『タイムトラベル時には道具や衣服は持ち込めない・・・だから技術者を送り込んだ!』このへんで(;゚д゚)ゴクリ…となり、さらに銃だけではなくタイムマシンがあり『2007年・・・スカイネットが誕生した時代に行きすべてを止める!』おおぉぉ!もうテンションマックスで
( ゚∀゚)o彡゚サラママ!サラママ!
ジャンル・媒体問わずここ数年で1番ワクワクする第1話でしたヽ(´ー`)ノ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。