ざっきザッキ雑記03

お掃除してこたつを片付ける。翌日から朝の冷え込みが続く(´Д⊂グスン
でも、こたつないとすっきりしていいよね。これでKinect置けそうだけど、どうしようかなー。夏に出るホラーのやつがちょっと気になる。

XBLA

日本では元気ない360だけど、こっそりXBLAの充実っぷりがやばい。Torchlightは残念なことになっちゃったけど、パッケージでもいいくらいの良作がいっぱい。MS製の半額セールやってたので、色々迷った末に『Comic Jumper』と『Alan Wake』のDLCを購入。他にもTrials HDやLimbo、スプロージョンマンなど気になる作品があったけど、こっちは3作品まとめたパッケージが出るのでそっちを買おうかなと。購入した2作品は別日記で上げる予定ー。

ロビンフッド

2月に映画公開してたロビンフッドが早くもブルーレイで出てたので購入。最近、公開からブルーレイ化が早すぎて劇場に観に行くのを躊躇っちゃうよね。劇場の大迫力スクリーンで観れなくなるは嫌だし、なるべく観に行ってあげないとなー。最近はどんなのやってるんだろう?
話は戻ってロビンフッド。主演はラッセル・クロウ、監督もグラディエーターの人と名コンビ再びな今作。ストーリーは説明する必要もないと思うけど、舞台は中世イングランド。十字軍に遠征中の獅子王リチャードの留守を預かるジョン王が振るった暴政に対し、立ち上がった弓の名手で義賊のロビンフッド、その反乱物語。
そんな昔やってたケビン・コスナー主演のロビンフッドを思い出しながら観てたわけですが
序盤:( ゚д゚)ポカーン
中盤:( ゚д゚)ポカーン
終盤:( ゚∀゚)o彡゚ マキシマス! マキシマス!
ジョン王への反乱が中心ではなくなぜ反乱することになったのか、ロビンフッドになるまでの物語って感じ。
シャーウッドの森とかもおまけ程度で弓矢もあんまり使わなくて、馬に乗って剣を使ったり、軍の指揮取ったりと、途中からもう、ああこれはグラディエーターのマキシマス将軍になるまでのお話なんだなと、脳内変換。続けてグラディエーター見ちゃおうかと思ったくらい。ダブルパックが出るわけですなー。セシは単体版買っちゃったけど、ロビン・フッド&グラディエーター セットのほうが断然お勧め。
主演のラッセルクロウはやっぱりよかった。カリスマ役が本当にハマるよね。グラディエーターが有名だけど、個人的には『マスター・アンド・コマンダー』を勧めたい。女優が全シーンで15秒くらいしか出てこないというおっさん臭い映画だけど、少年士官の活躍もあるし、艦長とドクターの友情はホントに素敵、みんな見てくれよな!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Into Nemu nemu , 2011 All Rights Reserved.